看護師 求人 東京ベストチョイス

看護師 求人 東京ベストチョイス

看護師 求人 東京ベストチョイスでは東京で看護師求人をお探しの方におすすめの求人情報サイトをまとめてご紹介します。

 

ナース人材バンク

 

ナースではたらこ

 

看護のお仕事

 

マイナビ看護師

 

ナースパワー人材センター

 

 

以上、看護師 求人 東京ベストチョイスでした。

 

 

看護師になる前の出来事

看護学生時代、最も辛かったのは看護実習でした。今考えてみても、あれ以上の過酷さはいまだに経験していません。
実習は成人や母性、老年、小児等それぞれのパートで2〜3週間の期間が設けられていました。トータルするとかなりの期間実習に行くことになります。何が大変って、パートごとに通う実習先が変わりますし、何せパートごとのレポート作成が辛すぎます。レポートとは、情報用紙、看護アセスメント、関連図、看護問題、看護ケア立案といった一連の看護過程に沿った記録物を言います。学生は、これらのレポートを実習2日目までにすべて完成させ提出しなければなりません。(担当教員によって異なりますが)環境も変わり、受け持ち患者さんとの関係性を築くのにも一苦労な学生にとって、このスケジュールは過酷以外の何物でもありません。毎日食事や睡眠の時間も惜しみながら取り組んでいたのを思い出します。しかも、学生指導係の看護師がかなりの確率で高圧的。学生は毎朝指導係と行動調整(自分が考えた行動計画を発表する)をしますが、これがまた地獄。それはなんのため?なんでその時間にするの?どうしてそう考えたの?と質問攻め。確かに今考えると、行動の根拠をしっかり考えさせることは大切な指導だと思います。だけど学生にしてみたらダメ出しにしか聞こえないのです。しかも看護師は基本忙しいので、的外れな行動計画にイライラしている指導者の感情が、指導の言葉に乗って突き刺さります。心身ともにボロボロになります。
学生は、学ばせてもらってる立場であることは十分承知していましたが、指導看護師や担当教員を恨んだことは一度や二度ではありません。人としておかしいんじゃないかとおもうこともしばしば。「社会に出るということはそういうこと」って誰かが言ってたけど、実際に社会に出てみてもあんな仕打ちを受けたことは、これまでで一度もありません。看護学生って本当に大変。だから私は、自分の部署に学生さんが実習に来た時には、少しでも癒しになれればと労いの言葉を出来るだけかけるようにしています。看護師という職業に絶望しないように。